無理のない分割払い

電卓

弁護士依頼した際の相場

個人再生を弁護士に依頼した際の費用は依頼する事務所などによって多少違いますが基本的には、着手金が50万円、実費で3万円そして予納金が20万円となっています。弁護士に依頼した際にはおよそ40〜70万円の費用が必要になります。司法書士に依頼した場合にはおよそ40〜50万円の費用がかかります。個人再生の手続きを行うのは個人で行う事もできます。その際の費用は収入印紙代が1万円、官報掲載費用として約1万2000円そして、個人再生委員会への報酬としておよそ15万円となり、個人で行う場合には費用を大幅に削減させる事が可能です。しかし個人再生には複雑な手続きと必要な書類が多い為、一般的には弁護士や司法書士に依頼します。この様に申請を行う際に弁護士や司法書士に依頼するか否かで費用は大きく変わります。個人再生には負債の減額ができる大きなメリットがありますがその分いくつかのデメリットもあります。まず信用情報に傷がつく事です。これによりブラックリストに名前が載る事となり、今後約5年間は支払いの際に現金のみになる制限がつきます。つまり、ローンやクレジットカードが使用する事ができなくなります。さらに全ての資産を残す事もできません。個人再生を行う事で多額の負債を減額してもらう事はできますが、残りの負債は分割で支払っていかなければいけません。これは最低限支払わなければならない金額が法律によって定められている為です。

Copyright© 2018 個人再生手続きにかかる費用を学ぶ【費用が高めに設定されています】 All Rights Reserved.