弁護士と司法書士によって

男性

手続きによって変動します

個人再生にかかる費用は、裁判所に支払うものと弁護士や司法書士に依頼した際に支払う報酬の合計になります。弁護士に依頼すると必要な書類の作成から提出まで個人再生の申請に必要な工程をほぼ全て行ってもらえます。そして司法書士に依頼すると裁判所に申請する為の書類の作成と提出までは行ってもらえます。しかし司法書士に行ってもらえるのはそこまでになっており、裁判所での手続きや書類などは自分で行わなくてはいけません。司法書士は行ってもらえる範囲が限定的ですが、弁護士と比べると費用か安くなります。個人再生には裁判所への実費だけでも30万円はかかります。そこから弁護士などに依頼する事になると30〜50万円が上乗せされます。つまり、個人再生の手続きを行うには50〜80万円が必要になります。個人再生の申請を行う事で大幅に借金の減額をする事ができますが、この様に申請を行う為には多額の費用が必要になります。もし、個人再生を行う際に弁護士などに支払う費用が足りない場合にはいくつかの方法があります。なるべくやすい事務所を探す事も有効な手段の1つです。依頼する事務所によって費用は違い、高いから安心という訳でもありません。費用が安くても腕のいい弁護士や司法書士が在籍している事務所もあります。それでも費用が足りない場合は成功報酬や着手金などに支払いを分割にしてもらう事です。個人再生を行う前に依頼する弁護士や司法書士とよく話し合って支払い方法を決めましょう。

Copyright© 2018 個人再生手続きにかかる費用を学ぶ【費用が高めに設定されています】 All Rights Reserved.