借金問題解決に向けて

ジャッジガベル

マイホームを守りたい人へ

持ち家志向が強いといわれている日本では、第一子の小学校入学前までにマイホームの購入を検討する家庭も多いといわれています。人生で最も高額な買い物になるといわれるマイホーム購入にあたっては、住宅ローンを組むことが一般的です。住宅ローンは無理のない資金計画で組むことが重要といわれていますが、自分たちの収入で借りることが出来る上限額で借りてしまう家庭も少なくないのが実情です。そのため、いろんな原因が重なり、結果借金問題を抱えてしまったということもあります。何とかマイホームだけは維持しながら今の借金問題を解決したいと考えているのであれば、債務整理の実績が豊富な弁護士に個人再生が可能かどうか相談してみることをお勧めします。個人再生が認められればマイホームを維持したまま借金の減額が認められることとなります。個人再生が認められるかどうかは現在の収入や借入額を踏まえたうえで裁判所での認定を受けることが必須となります。個人再生の手続きを進めるにあたっては、弁護士への相談費用や報酬が必要となってきます。個人再生が実現する可能性があるかを相談するだけであれば、自治体主催の無料法律相談を利用すれば相談費用なしで弁護士に相談することもできます。ですので、それから正式に依頼しても良いでしょう。そして、弁護士報酬については費用の分割払いの相談に応じてくれる弁護士事務所も多数あります。事前にいくらほどかかるか聞いておけば、多少は費用に対する不安を解消できますが、費用面が不安な場合は分割払いに応じてくれる弁護士事務所を探して依頼をしてみるのがよいといえます。

Copyright© 2018 個人再生手続きにかかる費用を学ぶ【費用が高めに設定されています】 All Rights Reserved.