新たな負担以上のメリット

本

分割返済が可能

多額の借金があると月々の支払いが苦しく逃げ出したいと感じることや返済が苦しいのでさらに消費者金融でお金を借りてしまう多重債務に陥ることもあります。返しても返しても借金が減らない、多重債務でどんどん借金が増える、いっそのこと自己破産をしてしまいたい、そう考えながら日々生活をしている人は個人再生という方法もあるのです。自己破産は何となく知っていても個人再生は全く知らないという人に簡単に説明すると財産を残しながら借金の元本を大幅に縮小することができます。例えば500万年の借金が100万円に5000万円の借金が500万円になりそれを3年もしくは条件を満たせば5年で完済し、住宅ローンがある人ならローンを返済しながら苦なく借金を返すことができます。個人再生の相談には弁護士か司法書士になり、費用面からみると弁護士が高く司法書士が安いように見えますが、司法書士は書類作成だけで弁護士ならすべてお任せすることができるので費用の差はほとんどありません。弁護士の費用の相場は40万円から60万円くらいで着手金に数十万円必要なところから長期の分割支払いが可能まであります。個人再生をするために50万円前後の費用が新たな負担となると戸惑いを感じるかもしれませんが、借金が大幅に減額され給料の差し押さえや督促状もなくなるので今の生活を安心して続けることができます。個人再生は裁判ではないので弁護士の実力に差はほとんどないので、相談しやすい弁護士を選ぶといいでしょう。

Copyright© 2018 個人再生手続きにかかる費用を学ぶ【費用が高めに設定されています】 All Rights Reserved.