電卓

無理のない分割払い

個人再生にかかる費用は弁護士に依頼する場合にはおよそ40〜70万円となり、司法書士に依頼する場合は40〜50万の費用がかかります。個人で行うと約16万ほどで行う事ができますが手続きが複雑な事と必要な書類が多い事から一般的には弁護士や司法書士に依頼します。

説明

自力返済が困難

自力で借金返済が困難な場合、債務整理で解決する方法があります。しかし、土地や住宅、車などを処分されてしまっては生活基盤だけでなく経営基盤も失いたくないなら自己破産は選べないです。個人再生であれば、費用はかかりますが財産処分を避け手続きできます。

本

新たな負担以上のメリット

借金があって苦しい生活に追われている人で自己破産はどうしても避けたいという人は個人再生という方法があります。借金が最大で9割減り財産も残すことが可能で、弁護士費用なら相場は40万円から60万円くらいで分割支払いもできます。

ジャッジガベル

借金問題解決に向けて

マイホームを維持したまま借金の整理をしたいと考えているのであれば、個人再生という手法があります。個人再生手続きに係る弁護士費用については、分割払いに応じてくれる弁護士事務所を探してみることをお勧めします。

男性

弁護士と司法書士によって

個人再生にかかる費用は依頼する事務所や弁護士もしくは司法書士などによって変わります。司法書士は弁護士と比べると費用は安いですが、代理で行ってもらえる範囲に限りがあります。費用を抑えたい場合には司法書士に依頼しましょう。

いくらお金がかかるのか

男性

再生委員への報酬

個人再生で債務整理の手続きを進めていく場合、費用がかかります。司法書士や弁護士といった専門家に手伝ってもらうとなるとさらに費用がかかります。個人再生の手続きは、自己破産よりも手続きが煩雑で難しく期間もかかることから費用が高めに設定されています。弁護士に依頼すると着手金や報酬金で40万円から50万円はかかるのが相場です。裁判所でに費用も他の債務整理の手続きと比べるとかかってしまいます。個人再生を申し立てた場合の裁判所でかかる費用ですが、収入印紙代、郵便切手代、官報掲載料、個人再生印への報酬がかかります。裁判所に提出する申立書には1万円の収入印紙を貼付します。郵便切手代は、2000円〜4000円程度と裁判所によって異なりますが、書類の郵送のやりとりを行うために必要になります。ある裁判所では、手続きをスムーズに進めるために、何円の切手が何枚と細かく指定するところもあります。再生開始手続きの決定がされると官報に名前が掲載されます。掲載料として12,000円程度かかります。そして、個人再生印への報酬です。個人再生の手続きでは、裁判所から個人再生委員が選任されます。個人再生印は、手続きの監督を行います。選任された人への報酬が15万円〜25万円程度かかります。これが一番かかるのですが、裁判所によっては弁護士を代理人としていると再生委員は選任されない場合もあるので、自分の管轄の裁判所がどうなっているか確認しておく必要があります。

Copyright© 2018 個人再生手続きにかかる費用を学ぶ【費用が高めに設定されています】 All Rights Reserved.